本文へスキップ

  

      井川 健  坂井 直樹  二人展
            ― 漆・花・鉄 ―


2018年 3月 31日(土)~4月8日(日)

 11:00~19:00 (最終日は17:00まで)

   <4月1日2時、4時にお二人のお話の会を持ちます>
   [ご参加要予約(090-2598-1944)葵庵まで/無料]

  <作家在廊日/3月31日(火)、4月1日(日)、7日(土)、8日(日)>



井川健さんは艶やかな塗面を生かしたシャープな印象を持つ造形作品を創作。
ヤシの葉を造形材として自然の線を活用する事で独自のフォルムを生み出すなど
他の素材(木、布等)を取り込みながら漆表現の可能性を広げている。
金沢に移り住み創作を続けている坂井直樹さんは 当地の文化を吸収し、
茶器や鉄瓶 花器を手掛け 鉄を素材とした作品で茶道に通じる新しい世界を追求している。

ご活躍中のお二人の生き生きとした創作活動に美を通して前向きに楽しく生きていく
エネルギーを頂いていることが私のこの企画の原点であります。
是非ご高覧賜りますよう よろしくお願い申し上げます。



                         
葵庵 藤瀬 祥子






井川健
1980 兵庫県生まれ
2009 京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程 修了
   国際漆展・石川2009 『大賞』
2012 第52回日本クラフト展『経済産業大臣賞・日本クラフト大賞』 
2016 IKI粋SUI展 (染・清流館、京都)
2017  Loewe Foundation CRAFT PRIZE,  The 2017 Nominees  (Madrid他)
2017 Hard Bodies: Contemporary Japanese Lacquer Sculpture
   (Minneapolis Institute of Arts)

2017  第35回京都府文化賞奨励賞 
2017  第3回金沢・世界工芸トリエンナーレ『大賞』 
現在佐賀大学芸術地域デザイン学部准教授


坂井 直樹
1973年    群馬県前橋市に生まれる
2003年    東京藝術大学大学院博士後期課程鍛金研究室修了、博士学位取得
野村美術賞受賞(東京藝術大学美術館収蔵)
2003~2005年 同大学にて非常勤講師
2005~2008年 金沢卯辰山工芸工房にて研修
2010~2012年 金沢大学非常勤講師
2010、2013年 金沢市工芸展 世界工芸都市宣言記念賞
2011~2012年 金沢美術工芸大学非常勤講師
2012年 美術工藝振興佐藤基金淡水翁賞
2012、2015年 日本伝統工芸金工展 宗桂会賞
2013年 世界工芸コンペティション 準大賞
2016年    テーブルウェア大賞 大賞・経済産業大臣賞
石川の伝統工芸展 奨励賞
公益財団宗桂会 宗桂会大賞
2017年    日本伝統工芸金工展 朝日新聞社賞
2013〜2018 金沢卯辰山工芸工房専門員
現在、金沢市内にて制作活動を行う


  

information店舗情報

GALLERY 葵庵

〒605-0089
京都市東山区元町367-7
 (古門前通大和大路東入ル)

 三条京阪⑧出口から徒歩3分

TEL.075-532-4517
FAX.075-532-4517
→アクセス